錦織圭!単・複共に初戦突破! ブリスベン国際!

brisbane+nishikori

【錦織圭今季初戦突破!ブリスベン国際】

19日から始まる4大大会の1つ全豪オープンの前哨戦

ブリスベン国際大会で錦織圭が2回戦から登場し

アメリカのスティーブ・ジョンソン(世界37位)

6-4,7-5のストレートで下し、初戦を突破しました。

サクっと37位を倒してしまうところがまたすごいです

この大会は第1シードスイスのロジャー・フェデラー

第2シード錦織

僕はもうすでに決勝でフェデラーと対戦して

面白い試合を見せて欲しいと思っています。

今回は錦織はダブルスにもエントリーしていて

実は1回戦で第2シードボパンナ・ネスター組(インド・カナダ)

を倒しています!

実はこの第2シードの選手はダブルスでは有名な選手で

ここに勝ったのはあまり報道はされていませんが

とてもすごい事なんです!

今年はもう一つ上にいく為に、錦織は

ネットプレーを絡めた組み立て

を多く取り入れてプレーをしていくと思います。

その為に積極的にダブルスにも出場をして

ボレーを磨くことにしているんだと思います。

トップ選手でいち早くネットプレーを取り入れたのは

フェデラーです。

federer

昨年の夏過ぎあたりからのフェデラーのボレーは

今までの常識を変えるボレーに進化していました。

通常シングルスでアプローチショットを打って

ネットに出た時のファーストボレーは

「オープンコートに深く」

が基本です。

しかし、今のトッププレーヤーのストローク力と脚力は

あまりオープンコートって関係ありません。

追いついてしまえばそこから正確な

しかも強烈なショットが打ち込まれます。

そこをフェデラーはあえてオープンコートには打たず

狭い逆をつくコースへボレーを打ち

相手をあえて走らせずに逆をついて追い込む。

そしてフィニッシュはボールを前に落とす!

今までのネットプレーではあまり考えなかったこと

だと思います。

この感覚を錦織も身に付けるためにダブルスへ

出場しているのだと思います。

今季は錦織の

ネットプレー

に注目したいです!

広告

『あっ!今テニスやりたいなぁ〜』 と思った時に自分に合った テニスをやる場所が 見つかったら嬉しいですか? 日本全国いつでもどこでも テニスがやれる仕組みを作ることを 僕の人生の目標(夢)として 日々仕事をしながら 様々な情報発信、練習会、 イベント開催などを行なっています。 テニスコーチを10年やっていました。 テニスコーチになれば 僕の夢は叶うと思っていましたが 結局叶わずコーチを辞めました。 現在はファイナンシャルプランナー として働きながら 時間をコントロールして テニスの夢を叶えています。 コーチを辞めてから 40以上ものテニスサークルへ 遊びに行きました。 どこも同じような悩みを 抱えていました。 特に多かったのが ・人は集まるのだけれどもコートが取れない。 ・コートはあるんだけど人がいない。 でした。 テニスコートには限りがあって ミスマッチな状態があります。 例えば 2面のコートがあって 1面ではおじさんが2人だけで シングルスをやっていて 明らかに疲れ切っている。 もう1面では若者が20人くらいで 順番待ちで退屈そうにやっている。 こういう光景を見ました。 この時僕は単純に 『一緒にやればいいのに!』 って思いました。 なぜやらないのでしょうか? それは 『知らないから』 です。 知っていれば一緒にやっていたはずです! テニスって誰でも気軽に初められて すぐに仲良くなれるスポーツです。 このブログでは様々な テニスの役に立つ情報を載せていきます。 僕の練習会や主催するトーナメント情報なども 配信していきます。 そういう会に参加していただいた方に いろんな人を紹介をします! そしてつながっていただきます。 その一つのツールとして お使いいただけたらと 思っています。

タグ: , , , ,
カテゴリー: プロテニス情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。