モントリオール大会での錦織の対応

nishikori2-500

先週行われたカナダのモントリオールのマスターズ1000、男子準決勝

マレーvs錦織圭の試合。

 

錦織はこの試合の前の準々決勝でBIG4の1人であるナダルに完勝をして好調を維持して挑みました。

 

もしかすると錦織がマレーを倒してちゃって、更に決勝でジョコビッチまで倒してマスターズ1000を初優勝するかも?という期待を込めて観客も観に来ていたと思います。

 

少なからず僕自身はこの日の錦織がマレーとどう戦いどう勝つか?というところに焦点をおいて観ていました。

 

しかし、フタを開けてみるとファーストセットの途中から錦織の集中力がなくなり、急にミスが増えてきました。

 

観ているとマレーの緩いペースや突然の早い展開に対応ができず何もさせてもらえなくなって嫌気がさしてきて集中力がなくなったかのようでした。

 

セカンドセットに入ると逆をつかれたボールや遠いボールは無理して追いかけない。

 

最後はもうポイントを放棄したカタチで試合が終わりました。

nishikori1-500
激しい試合を期待していた観客からはブーイングが出てしまい、ちょっと後味の悪い試合となってしまいました。

 

試合後の錦織のインタビューで分かったことは途中から臀部に痛みが出てしまい、それから動けなくなってしまったとのことでした。

 

今回のこの錦織の対応ですが、難しいところもあったと思いますがやはりプロとしての対応が必要だったと思います。

 

まず1番大切なことは自分自身の身体のこと

プロ選手は身体が資本です。

この身体が壊れてしまってはプレーすることもできず稼ぐこともできません。

 

なので今回は途中もしくは最初からどこか身体がおかしかったのなら試合を止める判断も必要でした。

 

錦織が負けるケースはほぼケガが絡んだケースがほとんどです。

 

戦えるケガなのか?それとも止めるべきケガなのか?

この判断を早くする必要があります。

 

そしてもう一つ大切なことはお客さんのことです!

スポーツのプロはファンがいて成り立っています。

お客さんは高いお金を払ってその時々の試合に対して様々な期待をして試合を観に来ています。

 

今回の場合ですと錦織がマレーをどう苦しめてどう倒すのか?

勝てなかったとしてもマレーを追い込んで欲しい。

今の錦織ならやれる!っていう期待を!

 

その期待を裏切りお客さんからブーイングが出てしまうっていうことはプロとしてやはりあってはならないことですね。

 

今回は・・・

今回の場合は総合して判断するとまずはメディカルタイムアウトを早い段階で取るべきでした。

 

そうすることによって自分自身の身体の状況が判断することもできたでしょうし、お客さんに対しても何か怪我をしたんだな?ということを伝える事ができました。

そして、やれると判断をしてやるのなら最後まで全力でやる。

 

メディカルタイムアウトを取った上でやってみて、やはりダメだったという場合は、お客さんも状況を把握しているので今回のようなブーイングは起きなかったと思います。

 

逆に怪我をしてるのにプレーを続けてくれる錦織の行動に理解を示してくれるお客さんも出てきたと思います。

 

プロとしての対応としてはまずは自分の身体のこと、そしてお客さんのことを考えた上での決断をすることが大切ですね!

 

今回の錦織はどうしちゃったのか?

ケガは今までもしていたので対応の仕方は知っていたと思います。

 

でも一番あってはならないブーイングをもらってしまった。

 

試合中の錦織の表情を見ていたら様々悩んでいたのだと思います。

 

また身体を痛めてしまった~!!
全米オープンに間に合うか?
このまま続けるべきか?リタイアすべきか?
何でまたこんなタイミングで!!

 

そう悩んでいたのか?

 

それともただただ何も考えられなくなって頭が真っ白になってしまったのか?

実際はどうだったかは本人しか分かりませんが今回の対応はよろしくなかったことになってしまいました。

 

今週、来週としっかり身体を休めて8月31日から開催される全米オープンで日本人初のグランドスラム優勝を果たしてほしいですね!

 

=========================

2015.7.3 がっつりストローク

《8,9月のテーマ別練習会日程》

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

8月のテーマ別練習会詳細はこちらから

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

9月のテーマ別練習会詳細はこちらから

=========================

2015.5.6 spanish 1

 《8,9月スペインドリル練習会日程》

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

8月のスペインドリル練習会日程はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

9月のスペインドリル練習会日程はこちら

===========================

2015.7 テーマ別練習会1

《柴田圭プロの1からのカリキュラム練習会日程》

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

8月の柴田圭プロの1からのカリキュラム練習会日程はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

9月の柴田圭プロの1からのカリキュラム練習会日程はこちら

===========================

広告

『あっ!今テニスやりたいなぁ〜』 と思った時に自分に合った テニスをやる場所が 見つかったら嬉しいですか? 日本全国いつでもどこでも テニスがやれる仕組みを作ることを 僕の人生の目標(夢)として 日々仕事をしながら 様々な情報発信、練習会、 イベント開催などを行なっています。 テニスコーチを10年やっていました。 テニスコーチになれば 僕の夢は叶うと思っていましたが 結局叶わずコーチを辞めました。 現在はファイナンシャルプランナー として働きながら 時間をコントロールして テニスの夢を叶えています。 コーチを辞めてから 40以上ものテニスサークルへ 遊びに行きました。 どこも同じような悩みを 抱えていました。 特に多かったのが ・人は集まるのだけれどもコートが取れない。 ・コートはあるんだけど人がいない。 でした。 テニスコートには限りがあって ミスマッチな状態があります。 例えば 2面のコートがあって 1面ではおじさんが2人だけで シングルスをやっていて 明らかに疲れ切っている。 もう1面では若者が20人くらいで 順番待ちで退屈そうにやっている。 こういう光景を見ました。 この時僕は単純に 『一緒にやればいいのに!』 って思いました。 なぜやらないのでしょうか? それは 『知らないから』 です。 知っていれば一緒にやっていたはずです! テニスって誰でも気軽に初められて すぐに仲良くなれるスポーツです。 このブログでは様々な テニスの役に立つ情報を載せていきます。 僕の練習会や主催するトーナメント情報なども 配信していきます。 そういう会に参加していただいた方に いろんな人を紹介をします! そしてつながっていただきます。 その一つのツールとして お使いいただけたらと 思っています。

タグ: ,
カテゴリー: プロテニス情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。