2017年9月スパニッシュ練習会

IMG_0266_convert_20170807212939

2017年9月のスパニッシュ練習会の日程が決まりました!

・なかなか毎週コンスタントに休みが取れないけどスポットでやりたい

・時間がパッと空いた時にピッとテニスがやりたい方

・ガッツリと練習がやりたい方

是非このスペインドリル練習会に遊びに来てください。

世界のトップ技術を盛り込んで約3時間半という時間さまざまな球出しの反復練習をおこないますので上達は間違いない練習会です。

是非一度お試しあれ!

=========================

IMG_0267_convert_20170807212955

【申し込み】

下記のメールアドレスへ下記の内容を記入の上、ご連絡ください!

1、名前
2、参加したい練習日&内容
3、テニス歴(ザックリでいいです)
4、連絡先(携帯番号)

y_ueda_0806@yahoo.ne.jp

=========================

 IMG_0272_convert_20170807213039
【日程&時間&場所】
1)9月  6日(水) 17時~20時30分 南郊公園熱田 Aコート
2)9月13日(水) 17時~20時30分 南郊公園熱田 Bコート
3)9月20日(水) 17時~20時30分 南郊公園熱田 Bコート
4)9月27日(水) 17時~20時30分 南郊公園熱田 Aコート
==========================
【コート住所&サーフェス】

港北公園(オムニコート):名古屋市港区港明1丁目

2015.2 万能ボレー練習会 320

1面だけのオムニコートで隣のコートを気にせずプレーできます。

上に名古屋高速が走っていて雨でもやれます。

IMG_4746_convert_20160112010422

IMG_4744_convert_20160112010411

港区役所の駐車場の隣に駐車場があります。

 

南郊公園熱田(クレーコート)

住所:名古屋市熱田区三番町

nankou-atsuta

新幹線の高架下近くのテニスコートです。1面ネットに囲まれたコートが縦に2面並んでいます。

nankou-parking

コートとコートの間に駐車場があります。

南郊熱田コーナンプロ

目の前にコーナンプロ(名古屋市熱田区四番2丁目21‐51)がありますのでナビにそこの住所を入れてくると分かると思います。

==========================
 IMG_0268_convert_20170807213008
【定員】
10名(要予約・先着順)

=========================

IMG_0269_convert_20170807213018

【料金】

1,000円

但し球出しをしてくれる方は500円(1日2人まで)

=========================

kei3-500

《スペインドリルとは?》

スペインドリルとはスペインのバルセロナのコーチでパトという方が50年かけて作り出したメニューです。

スペインのジュニアからトッププロまで取り入れており、技術面、体力面、精神面を向上させるためのストロークを主体とした基本の反復練習です!

 

ATPツアーのランキングのトップ100人の中に10人(2017年3月20日現在)もスペイン人が入っていることを見るといかにこの練習が浸透していてスペインの国のレベルを上げていることが分かります。

僕自身テニスコーチ時代にこの練習を独学で学び実践をしました。

学んでやればやるほどそれまで何も理論などなく10年間の学生時代にやってきた自分のテニスを完全否定されるメニューでした。

 

先ほども書いたようにスペインドリルは反復練習です!

反復練習をすることによって人は技術を身に付けます。

反復練習の良い所は
身に付くことです!
また反復練習の悪い所も
身に付くことです!

 

いかに間違ったことを反復練習することが恐ろしいことか!

正しいことを知らずに練習するほど恐ろしいものはない!

それを思い知ったのがこのスペインドリルでした!

スペインドリルを正しい理論、正しい身体の使い方をちゃんと理解して練習を行なうと自分自身のショットの向上が実感でき自分でも驚く程のショットが打てるようになりました。

corabo2 (1)

《柴田圭プロのカリキュラム理論》

2015年6 月から大学の後輩である柴田圭プロとコラボ練習会を開始しました。

彼は海外で教えているテニス理論をカリキュラムとして持っています。

彼の理論を聞いた時に日本で当たり前として教えている理論いかにその選手の妨げとなっていることを知り、日本のテニスコーチング理論がまだまだ遅れていることを痛感しました。

日本で教えている教え方をすると、人が持っている本来の自然な動きを、無理やり不自然な動きに押しハメて教えていることが良く分かりました。

このカリキュラム理論は人の持っている自然な動きをそのまま使っていくので身体にも負担は少なく、効率良く身体を使えるようになります。

 

フェデラーがあまり力まずテニスをしているにも関わらずあのような豪快なショットが打てるのもこのような理論が身体にしみついているんでしょうね!

日本の雑誌とかによく

『エッグボールの打ち方』
『ボールを潰す打ち方』

などをいかにも打ち方があるような感じで書いてある記事があります。

しかし、これが特殊な打ち方などではなく、ちゃんと基本通りに身体を使い打てば自然とボールは潰せるようになるし、しっかり回転もかかってエッグボールと呼ばれているベースラインで急激に落ちるボールは打てるようになるのです。

2015.10.25 kei lesson (1)

彼のカリキュラムの練習で行なうのなら腕を回す導入の練習をして膝との連動を身体に覚え込ませていけば出来るようになります。

たったこれだけです!

またコラボ練習会にフットワーク練習も今年から取り入れています。

 

スペインドリルもフットワークが大切な部分になります。

このフットワークを身に付けていけばたとえ足の遅い人でもフットワーク技術でその遅れを取り戻すことができます。

 フットワークは足の速さが問題ではなくて技術の問題です。

確かに足も速く、技術もある人には敵いませんが、技術を身に付ければ一般の方が草トーナメントで活躍するには十分足りる技術だと思います!

2016年2月からのスペインドリル練習会ではこの柴田圭プロのカリキュラム理論を導入して、それをしっかり身体に叩きこめるようドリル練習をするようにしていきます。

spanish8-8

《スペインドリル練習会の流れ》
①サービス練習(17時~17時20分くらい)

練習会のスタートはサービス練習から始まります。

その理由はテニスのショットの中で向上すると一番影響のあるショットだからです。

なのにサービス練習は普段あまり練習されないのが現状です。

練習の一番最初にやれば必ず練習することになるので一番最初に行ないます。

 

②柴田圭プロのストロークカリキュラム導入練習(17時20分~17時50分)

サービス練習後にストロークの導入練習を行ないます。

動きを覚えてもらうために素振りから行ないます。

その後、2人1組になってボールを出し合って身体に覚えさせます。

 

③1球交代の動きの方向を覚える練習(17時50分~18時10分)

動きの方向とスイングの方向の関係を覚えるために1球交代でウォーミングアップの球出しをします。

テニスはこの動く方向とスイングの方向を組み合わせることによってボールをコントロールしています。

ここが分かってくると力を極力使わず身体の動きでボールを飛ばせるようになり、より正確に、より重いボールを打つことができるようになります。

ここでは細かい部分をチェックをしてその正しい動きと正しいスイング方向を理解していきます。

 

④ドリル反復練習(18時30分~20時くらい)

この練習会で行っているドリルは8メニューあり、1メニュー40球~60球の球出しで反復練習を行っています。

その時々の時間をみてメニューをチョイスして行なっていきます。

スペインドリルの考え方の中で一番大切なことは

『40球というかなり強度のある球数を40球やれる体力でやらないようにする』ことです。

とにかくいけるところまで最初から全力でいく。

 

常に練習に対して全力で取り組むこと。

これが大切な考え方です。

 

球出し練習を20球程おこなうと限界に近づきます。

この限界からどれだけ自分の力を出せるか?が本当の練習です!

足が動かない、集中力がない、ショットが定まらない

時に・・・

足を動かす、集中する、ショットを安定させる

ことが練習になるのです。

 

この反復練習を行なうことによって自分の身体にちゃんとした正しいフォームを叩きこんでいきます。

 

⑤ラリー(20時~20時30分)

球出しだけで練習を終えるのではなくて、最後には必ずラリーを行ないます。

球出し練習はフォームを直したり、固めるには最適ですが実際の打ち合いなどの臨機応変な対応はできにくくなります。

なので必ず最後は今日身体に入れたものをどのように使ったらいいのか?をチェックする意味でラリーを行ないます。

spanish8-4

《まとめ》

スペインドリル練習会やカリキュラム練習会は1日、2日練習をしたからといって上達は見込めません。

その時は出来てなんとなく感覚は掴めます。

しかし、時間が経つとどんどん身体は忘れていき、やがて元の自分の形に戻ってしまいます。

一番怖いのは自分で何となく理解したことが違っていて、違う方向へ向かってしまうことです。

 

理論は3ヶ月、半年毎週じっくりやっていく中で様々な発見や変化が面白いように分かってきます。

・自分自身のテニスのスタイルを変えていきたい
・正しい身体の使い方を覚えたい
・伸びのあるボールを打てるようになりたい

などと思っている方は是非一度スペインドリルを体験してみて下さい。

かなり大変ですが、大きくテニス人生が変わると思います。

 

《注意点》

基本的には理論の大切な部分の説明や指導に関してはスペインドリル練習会の最初の時間を使ってお伝えします。

仕事などで遅れてきた場合はその部分は説明できません。

どうしても毎週は仕事で難しいという方は、僕の練習会で平日、土日におこなっている

ストロークの基礎の決定版!ストロークの超基本練習会
フットワークの決定版!動きが変わる!ストロークフットワーク練習会

練習会に参加してください。

ここで理論の大切な部分を細かくお伝えしています。

=========================

IMG_0261_convert_20170807212915

【申込】

参加されたい方は
・お名前
・参加したい練習の日にち
・ざっくりとテニス歴
・電話番号
を記入の上、下記アドレスへご連絡下さい!

y_ueda_0806@yahoo.ne.jp

=========================

IMG_0270_convert_20170807213031

《テーマ別練習会日程》

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

8月のテーマ別練習会日程はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

9月のテーマ別練習会日程はこちら

 

IMG_0265_convert_20170807212926

《スペインドリル練習会日程》

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

8月のスペインドリル練習会日程はこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。